システム手帳サイズガイド
 
fILOFAX(ファイロファックス)とは
fILOFAX システム手帳の代名詞”ファイロファックス” デザイン性と機能美を兼ね備える、その確かな品質を永遠に
ファイロファックスの創立は1921年。ルーズリーフ式の紙を上質の革で作ったバインダーで綴じるという、現在のシステム手帳の元祖とも言えるアイデアを生み出したことに始まります。以降今日に至るまで、システム手帳のパイオニアとして時代のニーズに応じたシステム手帳を作り続け、「システム手帳の代名詞」と称されるまでに成長しました。 ちなみに創立当時の社名はノーマン&ヒル社でした。現在の社名であるファイロファックスの由来は、大戦下に会社を救った秘書の顧客名簿にあると言われています。空襲のさなかオフィスが全焼したにも関わらず、秘書グレース・スカールは自身が自分用に書き留めていた顧客名簿をもとに、全顧客に「リフィルの生産は続けているのでいつでも注文して下さい。」とタイプした手紙を発送し続けました。ファイロファックスの危機を救ったグレースの顧客名簿の呼び名“File of Facts”(真実のファイル)こそが、ファイロファックスという社名の由来なのです。
Functional beauty 機能美
ファイロファックスの魅力は何と言ってもその機能性。日常のあらゆるシーンで、常に様々な人にとって使いやすいファイロファックスの手帳は、そのサイズのバリエーションが豊富です。特にバイブルサイズとよばれる大きさは、ファイロファックスが基準をつくりました。
fILOFAX
持ち運びしやすい聖書サイズのシステム手帳は、日本でも根強い人気です。また、様々なサイズ展開に対応したリフィルを用意することで、使いやすさを実現しています。 さらに、開閉式のリングで綴じる6穴リングメカニズムの元祖もファイロファックスです。現在ではすっかりおなじみのこのリング式バインダーですが、簡単にしっかりと綴じることが出来、ページの差し込みがしやすいといった機能的なつくりであると言えます。
fILOFAX
Durability 耐久性
fILOFAX
ファイロファックスの製品は、その耐久性もポイントの1つです。耐久性に優れた上質な革を使用しているため、弾力感のある独特の肌触りを楽しむことができます。また、使っていくうちに自然な風合が増し、味わいのある表情に変化していきます。これも質の良い革ならではの魅力です。さらに表面のキズが目立たないのも嬉しいポイントです。 一つ一つをベテランの職人による手作業で作られるファイロファックスの製品は、創立以来長い年月を経てもその品質が維持されています。長年安心して愛用できる、その確かな素材としっかりとしたつくりが世界中の人々に支持されています。
Design デザイン性
ファイロファックスの製品は、機能性や耐久性と同時に、そのデザイン性も追及されています。オーソドックスなシンプルフェイスのメトロポールに加え、表面のステッチが美しいクラシック、深みのあるレザーの質感に大人の雰囲気漂うキューバン、クロコダイルプリントのレザーにダイアモンドカットのバックルをあしらったラグジュアリー感溢れるデコ、シンプルデザインに多彩なカラーバリエーションが魅力のフィンスバリー・・・。
fILOFAX
それぞれのラインでその表情が異なっており、見た目の美しさもしっかり考慮されています。「システム手帳=ビジネス」というイメージが強いですが、そんな印象を覆す、オンにもオフにも使えるデザインがラインナップされています。
PAGE TOPへ